読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

理屈でスピリチュアル

副業占い師MARUが巷のスピリチュアルを理屈で語ります

理屈でスピリチュアル~人はなにゆえ恋に落ちるのであろうか

さて、ご無沙汰しています。理屈でスピリチュアル。

皆様、先週のMARUのバレンタインネタ覚えていらっさいますか?

 

ええ、ええ、

頼んだ別物が来なくて結局14日過ぎてしまったとか、

レターパックの表示が言葉足らずで荷物が返ってきたとか、

荷物が先方に到着するまで紆余曲折ありすぎて

すでに心が折れそうになった事態の「アレ」ですよ。

 

こちらと

http://ocs-magazine.com/?p=483

 

こちらを

http://e7smilemi.hatenablog.com/entry/2017/02/14/183306

 

つなげるとかなり真相に近づきます(笑)

 

~~~~~~~~~~~~~~

お蔭様でチョコもブツも無事に手元にとどきました。 

ところが

ところがですよ、先日ご当人に

「ソレ?つり橋効果ちゃうんけ?」的なことを言われまして・・・

 

・・・・はい?

 

f:id:e7smilemi:20170224120820j:plain

・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・

 

はいいいいいいいいいいいいいいいい?

この期に及んで「つり橋効果」と来たか!?

 

ヲイ!コラ!ちょっと待てい!

この行動を起こすまでに人がどんだけ

もだえ苦しんだと思っとるんじゃぼけ。

 

乙女(じゃないけど)の

純情(でも無いけど)

返せ(ここ超大事)

 

三倍にして返せ、

イヤ、この際、百倍返しじゃ!

 

なんかもう、説明するのが面倒だったので

「長くなるのでこの際ブログに書いておきますがよろしいでしょうか?」

という自分もどうかと思ったけど(笑)

 

ダメとは言わなかったから、書く。

超大作書いてやる。

世の中の「乙女」がみんな「つり橋効果でなにが悪いねん

くらいな理屈を書いちゃる。

 

一生ブログのネタにしてやる(笑)

 

と、言うことで

「人はなにゆえ恋に落ちるのであろうか」というところを

「理屈でスピリチュアル」で軽く⇒ちょい重く⇒軽く

語りたいと思います。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

さて、まずは「つり橋効果」ってなんでしょう?

 

つり橋で出会った男女は恋に落ちる確率が高い」というアレですね。

 

つり橋の他にはジェットコースターや、

お化け屋敷なんかもシュチュエーションとしては使えます。

修行とか講座山登り、旅行なんかでもよく起こります。

 

ようするに「恐怖」や「緊張」の「ドキドキ」

「恋」の「ドキドキ」と「脳」が勘違いするってヤツ。

 

この時、脳内では

「PEA」と呼ばれるホルモンが分泌されると言われています。

 

この「PEA」は「恋愛ホルモン」とも呼ばれるのですが

これは理論的には「恐怖」や「不安」を感じたときに分泌されるホルモン。

 

おそらく「恐怖」や「不安」に陥ったときに

「子孫を残さねば」的なスイッチが入るから

「周りの異性に性的に魅了される」のでしょう。

 

いわゆる「恋に落ちる」「ふぉーるいんらぶ」

 

この「PEA」が放出された後はドーパミンが出て脳が活性化し、

エンドルフィンが出て、「関わるものすべて」が愛おしく感じ始めます。

これが「あばたもえくぼ」状態。

 

 

f:id:e7smilemi:20170224122017j:plain

「運命の出会い」系です。

ディズニープリンセスが良く陥るアレです。

「直感的」「運命的」と言うヤツ。

二人が末永く幸せに暮らすヤツ。

 

 

だいたいはこの脳の状態は2~3ヶ月しか続かないので、

末永く「幸せにだけ」暮らすはずは無いんですけど。

 

f:id:e7smilemi:20170224122033j:plain

現実は意外に厳しいよな(笑)

 

 

まあ、「運命」とか、

2~3ヶ月で現実に戻る話は脇に置いておいて、

この「直感」って何でしょうね?

 

~~~~~~~~~~~~~~~

 

「直感」

 

「直感」を説明する前に

「人間の脳はどうなっているのか?」を説明しないといけません。

「直感・第六感・インスピレーション」を脳の仕組みで考えていきます。

 

f:id:e7smilemi:20170224131518j:plain

ここでは判りやすく、

左脳(考える力・顕在意識)

右脳(感じる力・潜在意識)とします。

あくまでも、判りやすくするためであって、

これだけがすべてではないことを先にお断りしておきます。

 

脳には

左脳(考える力・現在意識)

右脳(感じる力・潜在意識)があるのはご存知ですよね。

 

言語活動・理論理屈・などは左脳で、男性脳とも言われます。

こんな理屈満載のブログを書きなぐっているMARUは左脳派です。

 

空間認識・絵画音楽感覚などが右脳で女性脳とも言われます。

クリエイティブなお仕事の人は右脳派の方が多いですね。

 

そして、この左脳と右脳を

「脳梁(のうりょう)」と呼ばれる情報線がつないでいます。

 

「直感・第六感・インスピレーション」とは

この「脳梁(のうりょう)」を

「何か特定の情報」が

0.0000000000?くらいの

超スピードで行ったり来たりするさいにおこる現象。

のこと。

 

「あ!ひらめいた!」

「なんか、いいかも」

「スイッチ入った」

「な~んか、いやな感じ・・・」というヤツですね。

 

女性は一般的にそこいらの男性と比べて

「直観力・第六感・インスピレーション力」は明らかに高いです。

左脳と右脳をつなぐ情報線が「脳梁(のうりょう)」が

男性に比べて物理的に20%も太いのがその理由。

 

f:id:e7smilemi:20170224131535j:plain

 

情報線が太いので、

左脳と右脳を「何か特定の情報」が0.0000000000?くらいの

超スピードで行ったり来たりという左右の連携が男性より優れているらしいのです。

かといって、男性に「直感・第六感・インスピレーション」が無いと言っているわけではありません。

 

「特定の情報が行ったり来たりすること」で

「何かが生まれる」

 

この「情報」が「スムーズに行ったり来たりする」ためには

「五感」が活性化されていないと難しいと言われています。

 

つまり、

自分の日常の五感の感覚をきちんと受け取ることができていると

自分の希望の状況にするための「ひらめき」がおきるように

人間の脳みそは作られているのである、と言うことです。

 

f:id:e7smilemi:20170224122938j:plain

右脳左脳の行き来は鍛えれば活性化されるらしい。

コナン君の脳梁はきっと無茶苦茶活性化してるんだろうなあ。

 

「自分の日常の五感の感覚をきちんと受け取る」「五感の活性化」

いわゆる「五感」からの「快」「不快」を「受け取る」ということです。

 

この「五感」とは身体で感じる感覚のこと。

視覚、聴覚、嗅覚、味覚、触覚です。

 

ストレスや疲れが溜まっていたり

いつも体が緊張状態にあったり、

考えてばかりいて思考が勝っている状態が続くと、

五感で感じるということが上手にできなくなっていきます。

 

そして、なおかつ

左脳(考える力・男性脳・現在意識)

右脳(感じる力・女性脳・潜在意識)の中に、

あらかじめ「何か特定の情報」に関連する

知識や知恵や経験や願いが入ってなければ

その「直感・第六感・インスピレーション」の

「真意」に繋がることはできません。

(ここ後で出てくるので覚えておいてね)

 

関連から結果を導き出すのを一瞬でやってるのが直感って感じかな。

 

沸いてきた「直感・第六感・インスピレーション」

「なんか、いいかも」

「な~んか、いやな感じ・・・」を

自分の感覚で受け取る。

 

「直感・第六感・インスピレーション」は、

五感で感じることが出来ているとキャッチしやすくなる感覚です。

 

文字通り「五」感(視覚、聴覚、嗅覚、味覚、触覚)の次に来る

第「六」感(直感・第六感・インスピレーション)

 

五感が冴えて次に現れる感覚。

シックスセンスともいわれ、霊感とも超感覚とも呼ばれます。

なんだかよくわからないけれど感じる、気付くという感覚。

 

次に大きな鍵になるのが

「情報を受け取れる自分で在るのか?」という部分。

 

「受け取れる自分」で「在る」というのはどうゆうことでしょう?

MARU的には

「どんな出来事も外側のせいにしないこと」かと思います。

 

かといって「自分(内側)のせい」にもしません。

事実は事実として受け止められる。

俯瞰(ふかん)してみることが出来る。

良い悪いでジャッジしない。

 

「どんな出来事も外側のせいにしない、自分(内側)のせいにもしない」

「良い悪いの価値観にとらわれない」

そんな意識になるには

「自己重要感・自分を信じる力」が高くないとなかなかなれません。

 

「自己重要感・自分を信じる力」が低いと

「他人のせいにしない」=「自分のせいにする」という図式が出来上がり、

「自分のせいにする」の迷宮に陥ります。

 

「自分は重要な存在ではない」

「こんな事態になったのはすべて自分のせいだ」

「自分は信じるに値する人間では無い」

 

こうゆう状態ではもちろん「直感・インスピレーション」は受け取れません。

 

そして

MARUは長いこと「そんな世界」で生きてきました。

 

こんな世界ね↓

http://e7smilemi.hatenablog.com/entry/2017/01/25/234527

MARUは被虐待児です。

幼少期に育成者から「わかりやすい愛をもらえなかった人」。

 

被虐待児、つまり、

心に傷(トラウマ)が生じ心に様々な問題が起こり

思春期以降、異性関係で偏りを起こし

劣等感や無力感を強く持ち

良好な人間関係をつくることが困難であり

強い攻撃性を持ち、「外側のせい」にし

次は「自分のせい」の迷宮にはまった人。

 

基本、恋愛についてはあまり書いていない、

恋愛カウンセリングは受けませんというのは、

まともな「恋愛」をしてこなかったからです。

 

まともじゃないのなら離婚含め、枚挙に暇は無い(笑)

 

「自己重要感」が低い

「自分は素晴らしい人間なのだ」と思えない場合、

特に恋愛に関して異性を見る目が無くなります

 

「その場で「自分の立場を持ち上げるような人物」を無意識に選ぶ」

もしくは

「自分の思っている「不幸」をしてくれるような人物を選ぶ」

もしくは

「「外見」「ステイタス」「貯金額」「Se.X」で選ぶ」

 

 

だけど、パートナーシップって

生きるうえで本当に大事なんだよね。

葛藤やイライラの中から

二人で過ごす空間の中から

必ず気付きをもたらしてくれる存在。

 

f:id:e7smilemi:20170224123749j:plain

MARUの場合はその部分って子どもたちがやってくれていたと思う。

 

昨年10月に誠実な複数恋愛(ポリアモリーのお茶会を開催したときに、

「複数恋愛」をしているからこその「とことんまで話し合う姿勢」

「相手を真に尊敬」しているからこその「新しい選択」を知りました。

 

そして「自分は自分の気持ちを誰かにきちんと伝えるから逃げていたのだ」を痛感。

痛感ですよ、痛感。痛い、イタイ。

 

それまでも、そこそこカウンセリングはしてまして

「我慢しない」だの

「きちんと伝える」だの

「言わなきゃ判らん」なんて偉そうに言ってはいましたが

 

なんだ、出来てなかったじゃん。

自分が一番なにも出来て居なかった。

我慢していたし、

誰にもきちんと伝えてなかったし、

誰も信じていなかった。

なによりも、自分を信じきれていなかった、と。

 

なんだ、わかっているつもりの相当ダメなやつだった、と。

認めるのイタイとこですよね(笑)

 

人は意外と臆病で頑固なので、

「自分の腑に落ちる」「許可する」まで「決断」できません。

 

その代わり「決断」できたら人生が動くわけですよ。

 

昨年の10月末にやっと

物に依らず、人に依らず、

自分自身でこの人生を楽しんで過ごして良い人間なのだ、

という許可がでた感じですね。

 

決めてから結果が見えるまでタイムラグはだいたい三ヶ月と言われます。

 

それが出来る、わかった自分になるまで三ヶ月。 

 

「どんな出来事も外側のせいにしない、自分(内側)のせいにもしない」

そもそも、被虐待児がこの意識になるまでには相当時間がかかるし

乗り越えるべき葛藤もたくさんたくさんあるわけで、

 

今日、カウンセリングを受けました。

明日には意識が変わっています。

 

今日、自分のダメなとこに気付きました。

もうわかったんです。

なんて、そんな単純なことは無いんですよ。

 

繰り返し、繰り返し、最低でも三ヶ月、

まあ、長ければMARUみたいに・・・苦節44年?(笑)

 

そんな長い年月をかけて、この心境にたどり着いたわけ。

 ~~~~~~~~~~~~~~

 

個人カウンセリングセッション(かなりの理屈付き)

2H 15000円 ブログからキタってかかないと25000円取るよ。

場所 大和・表参道もしくはスカイプで。

 

以下のHP⇒お問い合わせページから「ブログのカウンセリング」

https://e7smilemi.jimdo.com/

48時間以内にお返事いたします(たぶん)

  

~~~~~~~~~~~~~~~

 

まったく目に見えないオカルト・サイキックな部分で言えるのが

「運命」ってヤツなんだけど

先に出てきた

「あらかじめ「何か特定の情報」に

関連する知識や知恵や経験や願いが入ってなければ

その「直感・第六感・インスピレーション」の

「真意」に繋がることはできません」という部分。

 

自分が自分でどんな人間であると思っているのか、

今までどんな情報を蓄積してきたのか、

自分はどんなふうに生き、

どう在りたいと思っているのか、などが

無意識の部分で双方向に作用する、という感じでしょうか?

これ、双方向が「そう」思った場合に限られちゃうけど。

 

「アメノウズメが大好きであんなふうに在りたい」とか、

江ノ島神社が大好きで中学のときから通っている」とか、

早池峰山早池峰神社瀬織津姫)にはそうとう通っていた」とか、

「山岳部に入っていたので実は海より山が好き」とか、

「自分は伏見の稲荷系で、稲荷山は、元は龍神蛇信仰の山らしい」とか、

わかる人にしかわからない怪しい話になるんですけど(笑)

 

ようするに

「つり橋効果」とは

「本人の記憶・意識の蓄積」が

「何か」に反応して「スイッチが入る」とも言えるわけです。

 

つり橋効果ブラボーー!!!

 

f:id:e7smilemi:20170224124713j:plain

MARUは絶対わたれない ガクブルガクブル

 

大事なことなのでもう一度

「本人の記憶・意識の蓄積」が

「何か」に反応して「スイッチが入る」わけです。

 

で、その「何か」ってなんやねん?

って、ことになってくると・・・何だろう

 

ここまでくるともうまったく目に見えない部分だよね。

運命のいたずらとか?

神様の気まぐれとか?

ソウルメイトとか?

ツインソウルとか?

ツインレイとか?

・・・・・これ、語り始めると

御霊とはいかなるものなのか?的長文になるので

今回はもうパスっ!

てやんでい!ちくしょう!運命なんて山羊に食われろ。

 

f:id:e7smilemi:20170224125724j:plain

何が書きたかったのかよくわかんなくなってきた(笑)

 

結局何が言いたいのかと言うと

「そこ」に生まれた「感情は事実」であって、

何ら間違いでは無いのだ、と言うことをご理解いただきたいなあ、と。

 

例えばここで「ストーカー行為」やら

「生霊」を飛ばし始めたらその行為は間違いなんだけれど。

 

 

なんにせよ

「特定の情報が右脳左脳を行ったり来たりすること」で

「生まれた何か」です。

 

大事にしてもいいのではないかと思うのですがいかがなものでしょう。

(自分のことだと意外と消極的)

 

ってか、恥ずかしくてむしろもだえる。

アレ?なんだ、やっぱりかなり「乙女」じゃないか(笑)

f:id:e7smilemi:20170224134130j:plain

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

でもこれって、

恋愛に関わらず大事にしていくといいはずのものですよね。

 

「直感・第六感・インスピレーション」

「なんか良い」

「なんかイヤ」

「心地良い」

「心地悪い」

「親近感を感じる」

「違和感を感じる」

 

「自分の日常の五感の感覚をきちんと受け取る」

「五感を活性化」した先の何かを受け取る

 

自分の感覚と繋がる・自分の感覚を信じる

自分占いからスタートする

珠帆美汐師匠の魂の成長を促すタロット講座初級

 

4月22・23日谷中の「コトハナム」で開催!@50000

 

詳細・正式なお申し込みはこちらから

 

http://kokucheese.com/event/index/447524/

 

 

スペインから帰国のフラメンコダンサー飯塚真紀氏の

踊らないフラメンコセラピーを4月に開催します

4月7日、14日、21日

会場は石神井スタジオ今回も昼と夜の2部制です。

是非お越しくださいね。

 

 

5月にはキネスオロジー関連講座を開催予定

蓮池のあきらさんを北海道からお呼びしました!

会場は池袋のここ実ハウス。

 

5月13日(土) 13:30~17:00 

記憶蘇生・瞑想法 @6500 定員8名

 

同日 18:00~20:00

願いを実現させる催眠術 @5000 定員8名 

 

5月14日(日) 

誰でもできる!あきらの自己催眠セミナー入門コース

@33000 定員5名

ヒプノセラピストを目指す方の入門コース

 

もうじきイベント作りますので是非遊びに来てね!

 

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~