理屈でスピリチュアル

縄文古代文字・お名前鑑定師MARUがスピリチュアルを理屈で語ります

理屈でスピリチュアル~筋反射テストに納得いかねえんだよ。

こんばんは、

真夜中の副業占い師MARUです。

 

意外と遅い時間も受け付けてます。

逆に、朝の5時とかは無しです。(笑)

個人カウンセリングセッション(かなりの理屈付き)

2H 15000円 ブログからキタってかかないと25000円取るよ。

場所 大和・表参道もしくはスカイプで。

以下のHP⇒お問い合わせページから「ブログのカウンセリング」

https://e7smilemi.jimdo.com/

48時間以内にお返事いたします(たぶん)

~~~~~~~~~~

もしや「理屈」を語り過ぎて

ふわふわ系スピリチュアラー達の

ふわふわした夢をぶち壊してるんじゃないかと・・・

一瞬「ごめん」って思ったけど

いや、それ、願ったり叶ったりだよね(笑)

お月様今日もありがとう(笑)

 

f:id:e7smilemi:20170216004203j:plain

 

時々なんですが、

「ふわふわ系」とちょっと違う系の方々から

筋反射テストについて少々否定的なご意見をいただくことがありますので

MARU的見解を文章にしておこうと思います。

 

これも、あくまでもMARU的解釈なので

気に入らないヤツは自分で調べて自分で納得してください。

文句は受け付けない。面倒だから(笑)

 

さて!

筋反射テスト・・・

Oリングとか、ダウジングとか、ペンジュラムとか?

親指と人差し指が離れないくらい力が入るとか

棒がぐるぐる回ったり、水晶がぐるぐる回ったりして

Yse,Noを判断するっていう「アレ」。

コレに「納得いかねえんだよ」ってご意見をぼちぼちいただきます。

 

f:id:e7smilemi:20170216004451j:plain

f:id:e7smilemi:20170216004507j:plain

f:id:e7smilemi:20170216004537g:plain

曰く・・・

「ペンジュラム」が「受講した講座の中に組み込まれている」のだけれど、

どうしても自分で動かしているようにしか見えない、

先生も周りの方も「すご~い」の一点張りでなんだか大丈夫なのかと・・・

 

曰く・・・

見てもらった占い師がペンジュラムを使用していたのですが

自分で動かしているようにしか見えなくて・・・・

 

ようするに・・・

自然と回るはずなのに自分で回しちゃって大丈夫なのか?

「それっておかしいんじゃねえの?」ってことですよ

 

いやいや、おかしくないよ。

普通に考えてあんなもん自然と回らないよ。

回すこと自体が「そう見えてる」ってことは何もおかしくない。

 

だってアレ「自分で動かしている」んだから

自分で動かしているように見えて」当たり前だよ。

 

結局大事なのはさ、

自分の何」が「ソレ」を動かしているのかを

きちんと理解することでないか?

 

それにしても・・

なんていう間抜けな講師でなんていう間抜けな占い師

転職したほうが良いんじゃないの?

あ?わたしに言われたくないか?(笑)

 

 さて、

キネスオロジー・筋反射の大前提として

「意識に上ってこない奥底の感覚」として

「身体・筋肉・潜在意識はすべての答えを知っている」

「質問の答えを判っている」

「すべて記憶している」というものがあります。

 

「身体・筋肉・潜在意識」は知っているから「反射・動く」わけ

 

「潜在意識」 ここがポイント。

 

~~~~~~~~~~

自分の意識の奥底の潜在意識の力、

大いなる何か、

ワンネスと一体になって動く。

 

使おうと気合を入れると消えてしまう。

使おうと思わないとき使える。

 

潜在意識の力、大いなる何か、ワンネスって

ただ「依然としてそこにある」ものだけど

自分自身を信頼してないと「繋れない」

「繋がれる」と自分自身への信頼が高まる、

もうね、本当に禅問答みたいな世界なんだわ(笑)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

ようするに

潜在意識の力を使って自分が動かしている

Oリングなら力が強くなっている、

ということを知っておけば良い。

 

Yesを右回り、Noを左回りとしたのなら、

「そのように動くように身体が動く」

 

私たちの身体は、

私たちが思うより正直で素直で

沢山の真理を知っているということを信じきる。

 

過去も未来も、

嘘も本当も、

自分の中の奥の奥の魂の持ってきた遥か彼方の記憶まで

しっかり知っているのだ。

(たぶん細胞の奥の奥、DNAあたりが) 

 

身体が緊張・硬直する、リラックスする、

思うように話せなくなる、早口になる、穏やかになる

これらは全て、身体からのサイン。

 

身体は「あなたが潜在意識で本当に感じていること」を

実はむちゃくちゃ正直に表現できていることが多い。

自分で理解しているのかはちょっと横に置いておいても。

 

~~~~~~~~~~~~

人には自律神経的っちゅうのもあって

緊張時に交感神経が優位に立っていて、

リラックス時は副交感神経が優位に立っているのですが、

今回は「筋反射」に焦点をおいてお話しますね。

~~~~~~~~~~~~~

 

例えでよく使われるのが

「140kmの剛速球をホームランで打ち返す」バッターの話。

 

筋肉を動かすための「脳内の電気信号」は

シナプスやら神経細胞やらあれこれあるんですが、

実は全部、直接はつながっていません

 

シナプスから「神経伝達物質」と呼ばれる化学物質を出して、

神経細胞」を刺激して「信号」を伝えて、「筋肉」を動かす、

という、意外と面倒なことを

脳と筋肉との間で0コンマ何秒とかでやっている、と言われています。

 

でも、この理屈だと

140kmの剛速球を人間が打ち返すことは不可能

140キロの剛速球がピッチャーの手を離れたときに

「良し!こう打とう」と「考えてから動くと遅い」のです。

100%振り遅れ。

では、何故ホームランが打てるのか・・・

それは「筋肉が脳みそよりも先に反応して動く」から。

 

被虐待児のそばで腕を上げると無意識に瞬時に頭を抱えるのもこの理屈。

誰かに叩かれた記憶を「筋肉も記憶」しているから反応するのです。

 

この辺の脳細胞と電気信号と筋肉の動きを説明するとそれだけで何十冊の本がでるから、

このくらいで、もっと詳しく知りたい人は自分で調べてください

 

つまり、このペンジュラムを

f:id:e7smilemi:20170216004451j:plain

「自分で動かしてるように感じる」

「相手が動かしているように見える」

それで正解なんですよ。

だって、動かしてるんだもん。

 

筋反射・キネスオロジー

スピリチュアルやサイキック一辺倒で教えるから怪しくなるのであって、

これって実はものすごく理屈的なやり方の一つ。

 

別の解釈・表現としては

「人間が感覚的につかんだことを言葉では無く

筋肉を通じて表している」でもいい。

 

「サイキック・スピリチュアル」で話をごまかさずに、

やる側はきちんと説明すべきだし

受ける側は自分が納得するまで聞くべき。

 

納得いく回答が得られなかったらわたしのところに来なさい(笑)

 

筋反射テストは、

むちゃくちゃ理屈的で素晴らしい方法だとMARUは思っています。

わたしはあんまり使わないけど(笑)

 

でも使い方を間違えると、人を騙してしまう危険性があるのも事実。

弱い立場(だと思っている)クライアントは、

「自分の判断」を信頼できないことも多いから、

Oリングとかはイマイチかな。

 

心に隙間が出来ているときに

「あなたは、本当は、これ(人、物、状況)が

好き(やるべき)です。そのように体が教えてくれました。」

と言われると、その気になってしまう可能性は高い。

 

それが「クライアントが幸せになること」ならいいけれど

さも神様のお告げであるかのように信じ込ませて

お金を巻き上げたりする場合もあったりなかったり・・・。

 

でも、これがさ、

欲深いと失敗するというか・・・。

自我が強すぎると上手く行かないというか・・・。

 

結局ね、キネスオロジる人(?)も

「ただのパイプ」であるべきなんですよ。

 

卜術の占い師のところでもさんざん言いましたが

術者はあくまでも「パイプ」

 

「こうゆう現状が読み取れました」と伝えるだけの人であって

その現状をジャッジしたり、否定したりしてはいけないわけだ。

 

 

だけど、潜在意識下では様々な情報を捕らえているということを

引出していくための一つとしてはとてもオススメのツールなのだよ。

なんか、かっこいいし(笑)

f:id:e7smilemi:20170216011355j:plain

 ちなみにMARUが持ってるのはこれ。

なんだよ、お前も結局は持っとるんか~~~い(笑)

 

~~~~~~~~~~~~~~