理屈でスピリチュアル

縄文古代文字・お名前鑑定師MARUがスピリチュアルを理屈で語ります

傷ついてない人なんて世の中にはいない

親の愛を感じられなかった子どもが

親の生き死に立ち会ったとき、

どんな感情がでてくるのかをまとめました。

虐待サバイバーの

「親の生死さまよう入院あれこれ記録」です。

 

介護の様子は時々ブログでも悪態ついてますがwww

倒れた直後もシンドかったです。

 

「生んでくれたことが愛」

「生きていてくれるだけでいいじゃない」

それはそれでそうなんですがw

 

ぶっちゃけ人間は

自分の体験したことしかわからないし

自分の価値観で現象を作り出しているので

これはあくまでも

「親は愛してほしいように愛してくれなかった」

そんな風に生きてきた人間ってこんなふうになるらしい。

って読んでください。

 

資産家には資産家なりの苦労や問題があって

被虐待児には被虐待児なりの苦労や問題があります。

良い悪いではなく、

それが今回のその人の人生であり課題です。

本当に人それぞれなので賛否は時間の無駄。

 

あなたはそうだったんだね、

そんなこともあるかもしれないね

そんなふうに読んでくださると幸いです。

そしてそんな状況になった方が

少しでも心安らかに過ごせますように。

わたしからの愛を込めて

古代文字お名前鑑定師MARUこと仲居恵美です。

f:id:e7smilemi:20190722152936j:plain

 

被虐待児は

「親が介護になった時」

「死にそうになった時」

いろいろな感情がどろどろ出てきます。

 

「自分が弱ってきたからって受け入れられない」

「あれだけ虐げといて今更無理」

簡単に言うとそんな感情ですね。

 

「欲しい愛情をもらえなかった」という

幼少期の心の叫びのようなものは

大きくなってもなかなかぬぐえないし

「くれなかった相手」が弱ったとき

心の中の子どもの自分が

「勝てる!」って思うんでしょうかね?

自分が弱かった時、子どもだった時のことが

カオスのように出てきます。

 

出てきた時はほとんど解消できたようなものなので

ちょっとシンドイですが良いことなんです。

 

「あの時はお母さんorお父さんもたいへんだった」

そんな言葉で自分の感情を終わらせないでください。

 

「親に感謝できない自分はひどい子どもだ」

そんなふうに自分を責めないようにしてください。

 

だって、いろいろやられたもん。

だってアイツ、元気な時はひどいことしたもん。

 

自分の中から出てきた感情は

「ああ、そうだったよね」

「そうなんだよ、ひどかったよね」

そして「この年までよく頑張ったわたし」

「今すごく頑張ってる!」って

自分を自分で褒めてくださいね。

 

f:id:e7smilemi:20181203175226j:plain

 

幼少期に「もらえなかった愛情」は

大人になっても無意識に求め続けます。

 

幼少期に受けた「ゆがんだ愛情」は

大人になっても生活に影響を与えます。

 

そもそも

「他人との愛情のやり取り」が歪んでいるので

人生がとても生き辛くなることが多いです。

 

「みんなとちょっと違う」

「あんなふうに笑えない」

 

それは思考だったり

無意識の行動だったりといろいろあります。

 

依存症や酒乱

クレプトマニー(盗癖)

カッとなると暴力や暴言が抑えられない。

わざわざDV男を選んで付き合う。

他人に対して卑屈。

頼みごとがどうしてもできない

仕事が上手くいきそうになると壊そうとする

出来事を他人のせいにする

自分を正当化する

強い劣等感

劣等感を外側から補償するために

「チカラ・お金・権力」などを過度に欲しがる

虚勢を張る

素直になれない

孤独感が拭えない

開口一番は文句 

真面目で頑張りができる人ほど

ぽっきり折れてしまったりもします。

 

f:id:e7smilemi:20180508230332j:plain

親に愛されなくったって、

普通に恋愛して結婚して生活してる人だって

世の中にはたくさん居ます。

 

それはそれで「そうゆう人生」なんです。

本当に一人一人違う。

 

 

もしかしたら「愛されなかった」というのは嘘で

「不幸・被害者好き」な

わたしの被害者意識が作り出した

幻想かもしれないと一時思うこともありまして

 

体内までさかのぼるセラピーとかやってみましたが

正直、それこそ死にたくなったりする場合もあるので

安易にやらないほうが良いと思います(体験談)

 

そもそもお腹の中が

「安心安全」な場所ではない場合もありうる、

ということです。

 

母親自身が望まない妊娠

母親が家庭内での暴力暴言にさらされている

母親自身が歪んだ家庭環境で生きてきた

「流産したい」なんて思っているとテキメンですね。

 

そうなると「人間として愛された記憶」は出てきません。

そんな場合はもっとさかのぼって

お空の上まで戻りましょう(大真面目)

 

「この経験」をするために

「この母親」のお腹を借りて

「この肉体」にスコンっと入った魂。

 

肉体に魂が入るってすごいことだよ。

神様の愛が無いと出来ない。

 

 生まれて成長していくってすごいことだよ。

誰かに世話してもらえないと出来ない。

f:id:e7smilemi:20181218204917j:plain

 

さてさて

うちの妖怪母が生死の境をさまよったのは

かれこれ3年半くらい前で

 

その時だってココロのコトはたくさん学んでいたし、

わたしはもうダイジョウブ。って、思っていたんだよ。

 

うん。

 

ところがどっこい。

すっとこどっこいですよ。

 

実際に倒れて死線をさまよったり

リアルに介護が始まったりすると

これまたいろいろでてくるんだわ。

そりゃあもう、些細な記憶までww

あれ?わたしの記憶力ってすごくね?ってw

 

 

「親に愛されなかった」

「虐待された」

「親と分かり合えない」

そんなあなたが「親」の死線に立ち会ったときには

どろどろ感がでてきます。

 

何度も言いますが

出てきた時はほぼ解消されているのです。

 

出てきて良いんです。

説教してくる人も居るから、

人を見て口に出すようにしましょう。

 

睡眠と栄養としっかりとって

自分が倒れないことに注力しましょうね。

 

f:id:e7smilemi:20181122180713j:plain

 

「治療しないと危ないですがどうしますか?」

担当医師に聞かれます。

 

それまでも病院をたらい回されていたりすると

この時点で結構疲れています。

 

「これにわたしがサインしなかったら死ぬんだ」

昨日まで、早く死ねばいいのにと思っていたとしても

ここではサインをしときましょう。

「親の命」を消してしまうことは

本質的に罪悪感が残ります。

 

病院は時間お構いなしに電話が来ます。

治療だの、転院、退院、

仕事とか夜とかあんまり関係ない。

なんといっても24時間体制

すごい仕事よね。

本当に頭が下がります。

 

病院からの電話の内容はこんな感じ

・緊急事態なので輸血します

・呼吸器をつけました。

・気管切開します。

・次回面会に来た時に承諾書を

・〇日までに転院なので新しい病院を

・転院先の見学日を決めてください

 

ICUやらEmergencyルームに入ってしまうと

精神的にマジできつい。

 

なんとなく不安定になって

寝不足にも成って来たころ

「怒られる・不機嫌」≒「恐怖」の感情が出てきます。

 

これは肉体に残っている記憶かもしれません。

 

★「あの人」は怒っている。

辛い治療の選択をしたのが私だから。

いつもわたしは怒られる・殴られる。

 

★「あの人」は怒っている。

やっぱり今日も上手くいかない。

 

★「あの人」は怒っている。

わたしが嫌いだから。

 

★怒ってばかりなあの人は死ねばいい。

私だって「死ねばいい」って言われたもの。

 

★この人を介護なんてできない。

だって気に入らなければ怒られる・殴られる。

 

 

兄弟姉妹と比べられてきた人は

わたしって何?みたいな感情も出てきます

 

★見舞いにも来ない兄の話で泣く

死にそうなのに、あなたのどこにわたしは居るのだろう。

わたしっていったい何なんだろう??

 

★わたしもやっぱり怒ってばかりの

この人に愛してもらいたいのだろうか?

 

★親子の愛ってなに?

わたしはどうして欲しかったんだろう?

愛されたいってなんだろう?

 

★なんで私が行っても嬉しそうじゃないの?

やっぱりわたしじゃダメなんだ。

 

★愛してもらえなかったって、

愛してほしかったって、なんかカッコ悪い。

 

 

しかも治療や入院、お部屋代などなど

案外お金もかかります。

そうなると「お金」関係の気持ちも出てきます。

 

★仕事を休んだりままならならい。

イライラする。

 

★お金が欲しい。

今までもらえなかった分を「もらいたい」。

これ、たぶん、愛と一緒「くれくれ」な子どもだ。

 

★仕事調整して見舞いに「行ってやってんのに」

なんでそんなに不機嫌なの。

 

★前世の因果とか言うけどなんだそれ。

今世は今世ですましたい。もう終わりにしたい。

 

そりゃもういろいろ出まくりです。

 

癒しや赦し(ゆるし)には段階があるので

最初は怖くても仕方がありません。

そして憎んで恨んで罵倒してOKなんです

 

出てきた感情は

否定されない安心安全な場所で

怒って叫んで泣いてわめいてください。

 

すっきりしたら

「そうゆう親子関係だった」って

思える時期がそのうちに来ます^^

 

「あなたが悪いのではない」し

「母親が悪いわけでもない」

いつか必ず思える時がきます。

 

親と子と相性もある

親の性格もある

自分の気質もある

 

あ、先に言っておくけど

「どっちも悪くはなかった」って思えても

ものすごく仲良くなれるとか

そこは相手のあることなのでね

ぶっちゃけあんまり期待しないでおこう。

 

自分の気持ちは必ず穏やかになるから^^

 

f:id:e7smilemi:20181203175201j:plain

そもそも

ヒステリックで自己中心的で

自分の思い通りにならないと気が済まない

そんなふうに、

自分の感情を制御できない人も

現実には確かに居るのです。

 

そうゆう人に出会ったら

相手にしないで逃げるのが鉄則。

でも、そうゆう人が自分の親だった人も

確かに居るのです。

 

人は自分の経験したことしかわからない。

 

私のクライアントさんにも

「親にかけられていた言葉の影響を受けている」

そんな方は多いです。

 

先日は

社会的には外科医として成功者だったお父様に

「おれはガンをたくさん切ってきた。

お前はうちのガンだ!切って捨てたい」って

言われて育った方が来られました。

 

なんとなく格好いいこと言ってるけど(苦笑)

自分の子どもには言わないほうが良い言葉だよね。

 

人って本当にそれぞれの価値観の中で生きている。

 

外科医のお父様はその価値観の中で頑張って生きて

それはそれで人生たいへんなこともあったんだよね。

そして年を取ってあちらへ還っていったんだよね。

 

でもその言葉や対応を受けて育った

あなたは今もここで生きている。

 

今まで生きてきた自分にまずは花丸。

 

生きて来たって

本当にいろいろあったし、

これからもいろいろあるけれども

 

一番大事なことは

今生きているってこと。

 

自分の意志で動くことが出来るということ

 

自分の意志で動くことが出来るってことは

この先は

幸せになって行くってことなんだよ。

 

昨日より今日

今日より明日

少しずつ変わっていくこと。

 

f:id:e7smilemi:20181122180422j:plain

 

 完璧な人なんてどこにも居ないし

傷ついていない人なんてどこにも居ない

 

不幸や悲しみは連鎖しやすいけれど

その連鎖を終わらせて

幸せをバトンタッチしていくために

人は生きていくのだと思う。

 

心の傷ってね

「光」の入る入口なんだって。

 

傷ついた魂の中身は

光で満ち満ちなんだと

わたしは思っています。

 

f:id:e7smilemi:20190804133959j:plain

 

今週末はでっかい台風がやってきますね。

みなさま大事無いことを祈ります。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~
 

HPはこちら

ホーム - 人生の方向性を見定める縄文言霊・音魂鑑定


~~~~~~~~~~~~~~~
質問への回答や新月満月ネタ
「理屈でスピリチュアル」メルマガ版ご登録はこちら。
ぜんぜんやってない・・・><

48auto.biz


~~~~~~~~~~~~~
「自分の生まれた意味を思う出そう~お名前に隠されたあなたの使命!」
のご登録はこちらです

https://48auto.biz/ototama-mail/registp.php?pid=3


~~~~~~~~~~~~~

自分の生まれ持った本質のエネルギーを知り
自分自身の持つエネルギー知ることで
ゆるやかに現実が変わりはじめます。
お名前鑑定のご依頼はこちらから

kokucheese.com