理屈でスピリチュアル

開運えみこ・スピリチュアルと毒親を理屈で語ります

【地鎮祭執り行いました】

地鎮祭執り行いました】
秋湿りの中の地鎮祭を執り行いました。
 
建物の新築に際して、敷地の守護神を祀って
 
御神徳により土地の平安堅固を祈願する神道の儀式。
 
 簡単に言うと
「アパートにすっから神様いろいろよろぴく」です。
 
いろいろの中には施工中に事故無く、滞りなくの他に
出来上がってからの集客ももちろん含まれます。
 
*****
 
今回も猿田彦大神(さるたひこのおおかみ)
天孫瓊瓊杵尊をご案内した、国津神の代表。
 
道祖神とも言われ、道開き、導きの神
 
物事の最初に現れ万事良き方向へお導きくださる大神
 
奥様は天の岩戸開きのダンサー天鈿女命で
 
国津神天津神との最初の異種族結婚をした大神。
 
かなりの長生きで、朝廷の重鎮にもなりました。
 
*****
 
前回の地鎮祭も凍えるような雨でございましたが
今回もお約束の秋の長雨で冷え込みも一番でございます。
 
古来より「雨降って地固まる」と云われているように
地鎮祭などで雨が降ることはかえって縁起が良いこと。
 
また、天からの恵みである雨によって土地が祓い清められるともされています。
こちら側の祈念に神様が感応してくださり、
雨や風で土地を祓い清めて下さる兆候なのだそうです。
 
何事も先ずは、祓い清めが大事なので、
地鎮祭での雨風は、あちらの大応援ということで、
そりゃもう、たいそう有難いことなのでございます。
 
メゾン・ド・ボヌール2も幸先良いですね❤️
 
が、、、
寒いもんは寒い。
 
くそ寒い。
 
何故、今日に限って冬本番の気温かな?
セミフォーマルとか言ってらんないって。
セーター出したよ。
で、セーター着ていったよw
今回も凍えながらの地鎮祭でございました。
着工は17日から。
完成は来年4月末の予定でございます。