理屈でスピリチュアル

開運えみこ・スピリチュアルと毒親を理屈で語ります

病気のスピリチュアルな意味とは?

病気のスピリチュアルな意味とは?

 

病気になる時というのは

スピリチュアル的に大きな意味があったりなかったりします

 

そう、無い場合もあるwww

 

でも、心が病んでしまうと体にも症状が出るし

体の具合が悪いと心の状態も不安定になるということはあります

 

 

 

ですから、

病気になった時はまず、物理、肉体的に対応してください。

お医者にかかる、生活態度を見直してみる、

そのあとに心理的に見ていく。

霊的、スピリチュアル的に見るのは一番最後です。

 

血が出てるのに手当しないなんてことはないでしょう??

 

まず物理的に対応しましょう。

西洋医学を否定する人もいるけど、なんで今まで残ってるかって、大事だからだよ。

必要がないものは必ずすたれていく。

 

今日は心理学的とスピリチュアル的に話そうと思うんだけど

 

病気になった時、その症状によって

たしかになにかしらの体からのメッセージがあるけど

もう一つ、考えるべき意味があります

それは、働きすぎじゃないの??無理してるんじゃないの??ってこと

間違ってるんじゃないの?ってことです

 

その人の動きを一旦止めて

もう一度自分の見直しをする

大きく間違った方向に進もうとしている時や

休めて無い時

栄養が偏っている時

物理的に病気になることがあります

 

もう一度言いますが

病気になった時はまず、物理、肉体的に対応してください。

お医者にかかる、生活態度を見直してみる、

そのあとに心理的に見ていく。

霊的、スピリチュアル的は一番最後です。

 

そして

運命として乗り越えていくもの

宿命として受け入れていくものもある

 

運命は努力で変えられる部分

運命が原因で病気になる場合、心理面から病気になるのが特徴です。

「克服するべき生き癖」が病気を引き起こしているってことだよね

 

「生き癖」こそが物事の考え方や捉え方で、

改善すべき点が改善されないことで病気になってこともある

 

ストレスや過剰な運動や労働が一定期間以上続けば、

その体の持ち主の弱い部分が病気になるのは当たり前。

 

体の弱さは魂の弱い部分を象徴しているので、

重篤な病気になる前に、

 

自分のどの部分が魂の弱い部分にあたるのか、

見つめ直すのがよいですよ。